天鼓/tenkuu ~ここち良い民族楽器サウンド~

トップページ演奏履歴>浅草ギャラリーエフ・月夜の森6

2007年12月16日 (日)

浅草ギャラリーエフ・月夜の森6

ご感想↓

20071216tenkuu_ef
天鼓/tenkuu のカリンバ、二胡、ディジュリドゥ、口琴、マリンバ、ジャンベ(ジェンベ)、ウドゥ、ダラブッカ、ティンクリック、サントゥールなどなど、民族楽器と蔵の相性の良さを感じながら、今年も来て下さった皆様とここち良い時を過ごす事が出来たかと思います。ありがとうございます!

慶応四年、今から140年前に浅草に建てられた土の蔵で奏でられる音の宴。今年で6年目。1階は黒漆、2階は朱漆で仕上げられた床。とても雰囲気のある空間で、マイクを使わず全て生音でここち良く音が響き、倍音の豊かな民族楽器には本当に相性のよい素敵な場です。

昼の部14時~、夜の部18時~。落ち着いた空間で、天鼓の様々な民族楽器の音色をお楽しみ頂けましたでしょうか。右手はフラメンコ、左手はジャズ、ハートはロックというすばらしい音表現をしてくれるギタリスト下舘直樹氏をゲストに向かえ今回はまたいっそうパワーアップしたコンサートをお届けできたのではないかと思っております。

天鼓はまた来年もよりいっそう精進して皆様とここち良く楽しい時間を過ごして行きたいと思っています。

ありがとうございます。
関連記事

このページの先頭へ↑

演奏履歴一覧へ←

演奏履歴  | ご感想(2)

ご感想

響き

初めてライブに伺いました。
最初のうちは曲が進むにつれ、次はどんな楽器でどう演奏するかと見入っていました。
曲を作る時はお二人で一枚の絵の情景を描いてからというお話を聞き、私も曲を聴きながらその絵の中に入っていきました。
薄暗がりの客席、鏡のような漆黒の床…気が付くと自分はどこにいたか忘れ、宙を漂っていました。
倍音の多い民族楽器は実際耳に聞こえない音もあります。例えば鐘の音が鳴り終わっても伝わる空気振動のような余韻…
それが一曲の演奏ごとに奏者の息遣いが、曲の余韻が響き渡ります。みんなは拍手しているのに、私はもっと余韻に浸りたくて拍手できませんでした。
生の演奏は本当にすばらしいですね。
蔵と天鼓の演奏が響き合う素敵な時間をありがとうございました。

PLANA  2007年12月17日 17:11

またしても

天鼓の心地よい世界にどっぷりと。。ゆったりと。。。楽しませていただきました*^^

土の壁と漆の床もしっとりと落ち着きますし本当に音の響き方がいいですョね
あのライティングというか暗さの感じも好きです!

天鼓の曲を聴いていると様々な風景が浮かんできていろんな町へ知らない国へ森へ山へ海辺へ・・と私を誘ってくれます。
今回印象深かったのは「小春日」
大好きな人と明るい公園をお散歩している風景でした*^^
それから「ぐえん」(字出せませんでした^^;)Djembesoソロロングバ-ジョン(?)カッコよかったです!
カリンバを皆で弾いたのも楽しかったです。
暁天さんのカリンバはどれもステキですョね水を連想させる澄んだ音色にうっとりです。

ゲスト・ナオキさんのギターも素敵でした♪
アンコールでの「月の砂漠サンバヴァージョン」は、とても即興とは思えない仕上がりでした!

素敵な時間をありがとうございます

makayo  2007年12月19日 01:05


プロフィール

リンク

メニュー

天鼓CD 発売中

CD天鼓ジャケット写真

試聴はこちら
解説はこちら

木の香カリンバ

サイト内検索

RSSに登録する